投稿日: 2019/02/19

りつのクリニック

治療のステップと見守っていただきたいこと

■■■ステップ1■■■ 初期の細やかなケア
初診では医師が小児アトピーの皮膚の状態を見て、飲み薬と塗り薬を決めます。
治療を開始して2週間ほどして子供には変化の兆しが出てきます。「かゆみが減った」「寝ているとき無意識でかかなくなった」「眠気が多くなった」「食欲が増した」などの経過を、お渡ししたカレンダーに記録します。
治療の初期だからこそ、細やかなケアをお願いします。
治療中は石鹸・シャンプーの患部への使用を控えていただいています。日常生活への質問ページをご覧ください。


■■■ ステップ2■■■  綺麗になる状況の監視
小児アトピーの治療が一ヶ月ほどしますと、毎日の飲み薬で健康な細胞が増えます。
皮膚の再生サイクルと、薬の飲み方を重ねていくのが新しい立之クリニックの小児アトピー治療です。
体の部分ごとの湿疹の消え方、皮膚の変わり方をカレンダーに記載します。もし、治り難い部分があっても、
ご家族で諦めないことが大切です。変化が少ない皮膚の状態でも気になることを記載してください。

食欲が増し、体重が増えたら体重も書いてください。医師からの指示で順次、飲み薬を1日3回から、1日1回まで減らします。1日1回の服薬となり、皮膚の綺麗さの変化がない状態が数週間続いた後、医師が患部の状態を拝見し、再発しないという判断をして「完治」として服薬を終了します。最後には治った状態を拝見したいと願っていますが遠距離の方で、通院がとても難しい場合には、患部の改善写真をEメールで送っていただき判断することもあります。


■■■ ステップ3■■■  再発への注意
ご家族だからこそ、「本人が気づかない再発の兆候」ぶり返しに注意してください。

小児アトピーの子供たちは治療後、肌がスベスベ綺麗になった後も、一般の子供たちより刺激物質への抵抗が弱いものです。もし、環境要因などで皮膚の状態が荒れてきた場合でも、早めの対策により再発を防げます。
軽い症状でしたら1〜2週間、飲み薬を飲んでいただきます。
重い症状になると再発の一歩手前です。医師の判断を早めに仰いでください。
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。