りつのクリニック

内科、小児科、外科、皮膚科、リハビリテーション科による、相模原市緑区、津久井/鳥屋(とや)地域の中核病院です
金曜日は9:00に開店
サイトのヘッダー画像です

最新情報

治療のステップと見守っていただきたいこと

■■■ステップ1■■■ 初期の細やかなケア
初診では医師が小児アトピーの皮膚の状態を見て、飲み薬と塗り薬を決めます。
治療を開始して2週間ほどして子供には変化の兆しが出てきます。「かゆみが減った」「寝ているとき無意識でかかなくなった」「眠気が多くなった」「食欲が増した」などの経過を、お渡ししたカレンダーに記録します。
治療の初期だからこそ、細やかなケアをお願いします。
治療中は石鹸・シャンプーの患部への使用を控えていただいています。日常生活への質問ページをご覧ください。


■■■ ステップ2■■■  綺麗になる状況の監視
小児アトピーの治療が...

詳細
詳細

ステロイド剤を使用しない、りつのクリニックで開発した新しい内服薬の効能は、真皮の深層にある血管神経からアレルギーを悪化する物質を抑制する作用があります。

健全な細胞を増やし、保護し、表層の皮膚に到達するまでには個人差がありますが、約3ヶ月は毎日欠かさず飲ませ続けてください。飲み始めて1週間で皮膚の状態が少し改善される兆候がみられる場合は、薬が合っているという、治療の第1歩です。



乳幼児の場合、よく眠るようになり、よくミルクや離乳食を食べるという嬉しい作用があるとも親御様より話を頂いております。



保育園や幼稚園へ通う幼児は、内服薬を飲む事によって、多少眠くなる作用がありま...

詳細

小児科医だった先代が残した湿疹の処方と、私が長年研究してきた成分を丁重にバランスよく調合し、30年前から0歳〜6歳のお子様の湿疹、小児アトピー性皮膚炎の治療に携わってきました。お連れいただいたお子様は、きっと本来の綺麗な皮膚を取り戻せる、と私は信じています。

子供の皮膚は約3ヶ月のサイクルで新生されます。つまり、真皮にある健全な細胞が表皮に達するまでのサイクルは3ヶ月かかります。月齢が小さいお子様ほど、皮膚の新生サイクル期が早いので、基本体質の改善で比較的早く治ります。そのため、できるだけ早くの治療をおすすめ致します。 院長 立之英正

詳細

クチコミ

2 か月前
子供がアトピーで通いだしました。 ほかの医師と違い アトピーは 治るからね、大丈夫だょと 言ってくれました。診察は非常に丁寧です、時間間違えてきてしまいましたが 優しく対応いただきました。 看護師さん達も 皆さん優しく穏やかな病院です。少し遠いけど 苦にならずに通えそうです。
- 44 y
10 か月前
27年間通ってますが、丁寧で本当にいいお医者さんです。
たぴおか
8 か月前
人としても素晴らしい方です
Hayashi賛権

独自の小児アトピー性皮膚炎の治療、大学病院専門医による胃と大腸の内視鏡検査

■基本体質改善を目標とした小児アトピー性皮膚炎治療
先代の小児科医師の湿疹の処方と、院長の研究によりステロイド剤なしの内服治療を確立しました。
合わせて遠方からの通院負担を軽くして、全国から来院いただいています。

小児アトピー性皮膚炎は『治らない』、『70%は年齢とともに自然に治る』とも言われています。
しかし、明らかに子供は不機嫌で皮膚は痛々しいものです。
目の前にいる我が子をそのままにしておくのは、不憫でならず、親であれば1日でも早く、
治って欲しいと思うのではないのでしょうか。

子供の皮膚は約3ヶ月のサイクルで新生されます。
つまり、真皮にある健全な細胞が表皮に達するまでのサイクルは3ヶ月かかります。
月齢が小さいお子様ほど、皮膚の新生サイクル期が早いので、基本体質の改善で比較的早く治ります。
そのため、できるだけ早くの治療をおすすめ致します。

  • 内服薬
内服薬はお子様の皮膚の状態に合わせて、当院独自にブレンドいたします。
内服薬の効能は、体質を改善することで真皮の深層にある血管神経からアレルギーを悪化する物質を抑制する作用があります。
健全な細胞を増やし、保護し、表層の皮膚に到達するまでには個人差がありますが、
約3ヶ月は毎日欠かさず飲ませ続けてください。

飲み始めて1週間で皮膚の状態が少し改善される兆候がみられる場合は、薬が合っているという、治療の第1歩です。 
乳幼児の場合、よく眠るようになり、よくミルクや離乳食を食べるという嬉しい作用があるとも親御様より話を頂いております。

保育園や幼稚園へ通う幼児は、内服薬を飲む事によって、多少眠くなる作用がありますので、
登園されているお子様の先生への報告をお勧めしています。
多少の眠気はありますが、皮膚の状態は徐々に改善されますので、就学の妨げにはならないと思いますが、
心配な方はご相談ください。

 ※当院が処方する内服薬(飲み薬)は日本小児科の薬方に準じての処方薬です。
副作用のある腎皮質ホルモン(ステロイド)は一切使用していません。 


  • 塗り薬
処方する軟膏(塗り薬)は副腎皮質ホルモンを病状に準じて使用しています。
副腎皮質ホルモンはステロイド剤ですが、正しく使用することによって、掻きむしりを予防します。
あまりにも痒みが酷い場合には、痒みを少なくするという優れた効力を発揮いたします。

最初の1〜2週間、小児アトピー性皮膚炎の症状が酷い場合には使用することをおすすめ致しますが、
ステロイド剤は極力使いたくないという方もいらっしゃいますので、使用するか否かは親御さんの判断にお任せ致します。 

軟膏を使用する場合は、少量を薄く皮膚に伸ばし、患部は直射日光を避けてください。
患部はお湯か水洗いだけにしてください。

他の医師からはスキンケアで乳児用石鹸や無添加石鹸を勧められることがありますが、
当院の治療では完治するまで、石鹸を使用しないでください。

  • 治癒について
当院での0歳〜6歳までのお子様の治癒率は95%です。完治まで届かない方も、通院前より皮膚が綺麗になっています。




 ■■■ 胃の内視鏡検査 ■■■
順天堂大学病院の内視鏡専門医と消化管専門指導医の資格をもつドクターが胃や大腸への内視鏡による精密検査によって疾病の早期発見に貢献します。
鼻から細い管でカメラを入れる胃の内視鏡検査は吐き気がなく、「つらくない」と喜ばれております。
年一回の定期的な検査に加え、胃の調子が気になる方はぜひお試しください。​​​

気になる症状例は、ありませんか?
(1)上腹部の痛み胃の不快感
(2)胸焼け胸のつかえ感吐き気 
(3)嘔吐 

内視鏡で胃炎と、ピロリ菌感染が確認された場合には、ピロリ菌除菌をすることで胃潰瘍や十二指腸潰瘍も防げます。
 胃ガンが確認された場合には、北里大学病院などの提携病院をご紹介しています。

食道、胃、十二指腸内視鏡検査​​​経鼻内視鏡の検査方法経鼻内視鏡の検査時には口を開けられますので、
医師が観察中に患者側から会話ができるのもメリットです。痛みを感じた場合には、すぐに医師に伝えられます。

最先端の内視鏡設備大学病院や地域中核病院で高度な診断・治療に使わるフルデジタル電子内視鏡システムを用いています。
 近年、内視鏡検査では、病変のさらなる早期発見と診断精度向上を図るため、波長パターンを自由に選択し画像処理を行うことによって、通常画像から分光画像をリアルタイムに生成し、観察対象の部位に適した波長パターンで高精度な検査が可能になっています。
小さな病巣を見つけることで、より早く早期治療を開始することができます。

 ■■■ の内視鏡検査 ■■■
大腸内視鏡検査は直接大腸の粘膜を観察し、初期段階で大腸がんを見つけ出すことができる診断機能の高い検査です。 
40歳を過ぎたら、がんの早期発見のために自覚症状がない状態でも定期的な検査をお勧めしています。

気になる症状例は、ありませんか?
​​​(1)気になる症状下痢と便秘の繰り返す便が細い 
(2)便が残る感じおなかが張る血便
(3)下血がある腹痛 
(4)貧血がある便潜血検査が陽性だった 
(5)以前大腸にポリープがあった
(6)家族が大腸がんになった原因不明の体重減少

 大腸内視鏡の検査方法大腸を観察する場合には、肛門から挿入する内視鏡を用います。
直腸から大腸全域を観察することができます。

大腸は曲がりくねっているので胃に比べ、挿入方法はすこし複雑になることがありますが、
小腸の手前まで挿入することが可能です。
当院は軸保持短縮挿入法という方法を用いてできるだけ苦痛を伴わないように心がけています。
必要に応じて軽い鎮痛剤を使用することはありますが、過度な麻酔はおこわず決して無理な検査は行いません。


日本人の死亡原因の1位はがんです。その中でも大腸がんで亡くなる方は、女性では1位、男性では3位となっています。​​
大腸がんの発生要因として高齢化があり、生活習慣では飲酒や肥満。食生活では赤肉や、ベーコン、ハム、ソーセージなど加工肉の摂取増加があります。​

当院では、順天堂大学病院と同じ内視鏡専門家医による検査を行っております。
苦痛のない大腸内視鏡検査を心がけ、地域住民の皆様のお役に立てればと考えております。





プライバシーを重視した個室で、お話を伺いながらの診療を心がけています。

  • 婦人科一般診察
  • 婦人科がん検診
  • 思春期外来
  • 更年期外来
  • 不妊相談
  • 避妊相談

2017年11月より「相模原市 子宮がん検診実施医療機関」に指定されました。

完全予約制のためお電話をお待ちします。予約曜日は原則、水曜日ですがご確認ください。





お問い合わせ

お問い合わせ

今すぐ電話
  • 042-785-0055

住所

ルートを検索
日本
〒252-0155 神奈川県相模原市緑区
鳥屋1162−1

営業時間

月:9時00分~18時00分
火:9時00分~18時00分
水:9時00分~18時00分
木:定休日
金:9時00分~18時00分
土:9時00分~12時00分
日:定休日
見積もりを表示
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。